2015年1月号

2015-1.jpg

先日、現任警備員指導教育責任者講習会の講義を聞いて参りました。
この講習会は各警備会社において「指導・教育・監督」の責任者として任されている「警備員指導教育責任者」が、法により定期的に受講を義務付けされている講習会で、県内の指導担当者が招集されておりました。主な講習内容は、業界の現状・法定教育・適正配置・最新の設備・教育の方法等でした。
その教育方法の1つに“討議の重要性”が述べられていたのですが、討議は一つの議題に対し全員が話し合うことにより、共有が計れ、より実践的な話であるほど、今後の勤務に役立てる事ができると言っておりました。

続きはこちらをご覧ください>>> 

     ※pdfファイルです

フッター画像