2015年8月号

2015-8.jpg 先日、新潟県内も気温38.5度の猛暑日になり、全国でも1日約780人が搬送されたとニュースで報じられておりました。
また、熱中症関連のニュースも多く報じられており、危険性の呼びかけがなされておりました。
クールビズという言葉が2005年に流行語大賞に選ばれてから10年が経つ現在、ノーネクタイ、ノージャケットが、多くの企業で採用され、さらにスーパークールビズを採用している会社は、ポロシャツ・アロハ、またTPOに応じて、Tシャツ・ジーンズ・サンダルを許すところもあり、日本の夏のワークスタイルが劇的に変化して、それが当たり前であり、不自然さがなくなってきました。

続きはこちらをご覧ください>>> 

     ※pdfファイルです

フッター画像