2015年9月号

2015-9.jpg先日某県において、交通誘導警備員22歳が熱中症と思われる症状で、死亡したというショッキングなニュースが流れておりました。

冒頭ではありますが、故人のご冥福を心からお祈り申し上げます。

また、消防庁が発表している熱中症による救急搬送状況によると、平成27年5月19日から8月2日までの熱中症による救急搬送人員数は 33,934 人と、前年同期より 7,698 人増加しており、特に、7月27日から8月2日までの救急搬送人員数は 11,672 人と、1週間の救急搬送人員数としては過去最多と発表されています。

続きはこちらをご覧ください>>> 

     ※pdfファイルです

フッター画像